リハビリテーション科

作業療法

概要・方針

作業療法とは、身体または精神に障害のある人、又はそれが予測される人に対してその主体的な生活の獲得を得るため、諸機能の回復・維持及び開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導・援助をいいます。

(社)日本作業療法士協会定義より引用

活動内容

作業活動(日常生活の諸活動、仕事や遊びなど生活全般に関わる諸活動)を通じて援助を行います。

対象疾患

脳血管疾患、脊髄疾患、手の外科疾患、腫瘍、呼吸器疾患、心疾患など

主な訓練内容

身体機能面

筋力、関節可動域、感覚などの身体機能の維持、改善を図ります。動作練習を通じて、円滑な動きの獲得や耐久性の改善も図ります。


▲関節可動域訓練

▲ハンドセラピィ

▲動作練習


日常生活動作面

食事動作、整容動作、排泄動作などの身辺動作の練習を行います。


▲食事動作練習

▲排泄動作練習


認知、高次脳機能面

記憶力、注意機能、空間認識能力などを検査し、練習を行います。本人や家族に指導や援助方法の提案も行います。


▲検査場面

▲パソコンを使用した練習


趣味、余暇活動

作業を通じて余暇活動の充実を図ります。



心理面

長期の入院や障害により低下しやすい精神活動や意欲面の維持、改善を図ります。


生活環境の調整

病棟での生活環境を整え、効率よく活動できるような環境調整を検討します。