ホーム診療のご案内医療支援部門看護部看護部長あいさつ

看護部

看護部長あいさつ

心と心の通い合うハート♥ふるナーシング ~看護をもっと見えるかたちに~


広島総合病院看護科の看護のキーワードとしてすっかり定着しました。
"ハート"は心温まる、"ふる"は満杯のFull と空から降るほどの心のこもった看護という意味を込めています。

高度医療、急性期医療のチームの一員として看護師の役割はますます重要になっています。患者さんに寄り添い、患者・家族に一番近い代弁者として医療者とのコーディネーター役があります。この役割を心温まる看護で実践していきましょう。

"護る""救う""癒す"の3つの教育コンセプトのもとに院内教育プログラムも充実しています。厚生連ラダーを軸にした手厚い教育体制であなたのやりたい看護を実現します。
やりがいのある職場といきいきとしてプライベートを楽しんでいる先輩にたくさん出会うことでしょう。
ぜひ、わたしたちと一緒にハート♥ふるナーシングを実践しましょう。

看護部長 馬場﨑 喜美子

看護は病院の顔である

  • ・豊な感性と倫理に基づいたより良い看護を提供します
  • ・心から満足される看護を実践し、看護師自身がやりがいを感じ、仕事を通して自己実現できる組織作りを目指します
  • ・地域の看護連携を効果的に進めていきます

「マグネット・ナース」としてのあなたを求めています

kangobuchou2.jpg

詳しくはJA広島厚生連 看護科のホームページをご覧下さい。

JA広島厚生連 看護科