ホーム診療のご案内医療支援部門看護部認定看護師の活動内容

看護部

認定看護師の活動内容

皮膚・排泄ケア

activity1.jpg

藤村 雅子、南部 智江

皮膚障害の予防的スキンケアや排泄障害に関するスキンケアを日々実践しております。また、人工肛門、人工膀胱の皮膚障害に関するケアや日常生活の相談を退院後も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

緩和ケア

activity3.jpg

古本 直子、岡田 恵美子、高原 さおり

入院患者さんにはがん治療支援、緩和ケアチームで関わり、トータルペインの緩和をめざしたケアを行っています。また、緩和ケア外来や訪問看護ステーションが連携をとり、地域の医療機関からの紹介にも柔軟に対応し喜ばれています。

がん化学療法看護

activity4.jpg

野村 昌代、奥村 麻美

辛く苦しいと思われる抗がん剤治療を、より快適にかつ安全に受けて頂けるよう研鑽を積んでいます。がんと共存しながら、どう生きるかを共に考えて支援させて頂いています。

がん放射線療法看護

activity8.jpg

河野 佐代子

放射線治療を受ける患者さんの生活を大事にしながら、治療に伴う副作用の予防や軽減を行うために活動しています。苦痛や不安の少ない治療を目指して、精神的支援、セルフケア支援も行っていきます。

救急看護

activity9.jpg

竹野 香織

あらゆる状況の患者さんに対して、的確な判断に基づいた確実な救命技術の実践はもちろん、危機的状況にある患者さんやご家族への精神面への配慮も大切にしています。また東日本大震災以後、全国で防災対策への取り組みが見直され、地域住民による防災活動も活発に行われています。当院でも、災害対策ワーキングチームを結成し、いざという時に“災害拠点病院として実働できる”よう多職種協働のもと減災・防災活動を継続しています。

感染管理

今本科長.jpg

今本 紀生

院内感染管理の担当者として感染防止対策室に所属し、組織横断的に活動しています。患者さんに安全な医療と療養環境を提供できるよう、また職員が安全に働くことができるよう、感染対策チームやスタッフと協同して活動しています。また、近隣施設とのネットワーク構築にも励んでいます。

糖尿病看護

tounai2015.jpg

中元 美恵、加賀美 昌美

糖尿病患者さんが活きいきと生活が出来るように私たちがお手伝いします。インスリン注射をはじめとする治療法の説明や糖尿病に関する相談をさせていただきます。 また糖尿病フットケア外来(足のトラブル予防)を行っていますので、足の悩みについてもご相談ください。

摂食・嚥下障害看護

activity7.jpg

藤本 七津美

摂食・嚥下障害を持つ患者さんが,できるだけ安全に食事を楽しくしてもらえるように,日々関わらせて頂いています.また,誤嚥性肺炎の予防に重要な口腔ケアも実践し、知識や技術の啓発活動をしています。

手術看護

田中Ns.jpg

田中 猛

患者さん、御家族の視点を忘れず、手術に携わるスタッフ全員で全人的看護が行える様望む所存です。

脳卒中リハビリテーション看護

山﨑克仁_.JPG

山﨑 克仁

脳卒中は突然発症し、意識障害や運動機能障害、高次脳機能障害などを伴う事が多く、患者様とご家族のその後のライフスタイルに大きく影響を及ぼす病気です。患者様の生活の質の向上を目指すため、重篤化回避と合併症予防に努め、安全に早期からのリハビリテーションを実施していきます。多くの不安を抱かれている患者さんやご家族の気持ちに寄り添いながら、その人らしい生活を取り戻せるよう、様々な職種のスタッフと協働し、サポートしていきたいと思っています。

慢性心不全看護

正木 博之

心不全をご存知でしょうか?心不全とは心臓の動きが悪くなることで、息切れやむくみが起こる病気です。全ての心疾患の終末像であるとともに、加齢や生活習慣病からも起こりうるため「最近疲れやすい」「手足がむくむ」といった症状がある方は注意が必要です。心不全の予防・再発予防に重要なのは生活習慣の改善です。当院では日常生活見直しのアドバイスや、心臓の病気の事を学べる心臓病教室など様々な活動を行っておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。