薬剤部

ホーム診療のご案内医療支援部門薬剤部主な活動内容

主な活動内容

  • 主な活動内容
  • 薬剤師・スタッフご紹介
  • 薬薬連携
  • ニュース・お知らせ

病棟での役割

病棟薬剤師は入院されている患者お一人お一人のお薬について確認し、お話を伺うことで、安全でよりよい治療が行われるよう努めています。 具体的には、アレルギー歴や副作用歴を把握、アレルギーや副作用が起きる可能性のある薬が処方されていないかチェックして、処方された薬の服用する意義について理解したうえで正しく服用いただけるように、薬の名前、薬効、飲み方、服用上の注意点、副作用、飲み合わせの悪い薬や食品などについて説明します。

入院中に処方されているお薬を把握し、副作用がおきていないか、飲み合わせの悪い薬が出ていないかなどをチェックしています。

がん化学療法

当院ではがん化学療法を安全に行うために、薬剤部ががん化学療法を受けられる方の抗がん剤投与量や投与間隔などの履歴を管理しています。

また、抗がん剤を混合調製する際、安全キャビネット内で調製を無菌的に行うとともに、キャビネット外へ汚染された空気が排出されないようしています。

TDM(薬物血中濃度モニタリング)

TDMは、薬物血中濃度モニタリング
(Therapeutic Drug Monitoring)の略号です。血液中のお薬の濃度を測定し、患者個々にとって最も安全で、効果的な治療が行えるよう支援しています。

医薬安全管理

薬物治療が安全に行われるために具体的に次のようなことを行っています。

  • ◆日本病院薬剤師会が収集しているプレアボイド報告(副作用の未然回避、重篤化回避報告)やインシデント報告に積極的に取り組んでいます。
  • ◆医薬品に関連したインシデントの原因分析・調査を行い事故防止対策に努めています。
  • ◆医薬品安全管理に関連した情報を(日本医療機能評価機構発行の医療安全情報等)を収集し、病院全体に事故防止に関する啓発活動を行っています。

  • 主な活動内容
  • 薬剤師・スタッフご紹介
  • 薬薬連携
  • ニュース・お知らせ