薬剤部

ホーム診療のご案内医療支援部門薬剤部ニュース・お知らせ業務改善のご報告

ニュース・お知らせ

  • 主な活動内容
  • 薬剤師・スタッフご紹介
  • 薬薬連携
  • ニュース・お知らせ

業務改善のご報告

2011年12月16日

薬剤部は、医療安全の観点から、今年度より以下の業務改善を行いました。

<改善点>

  1. 救急、ICUを含む全病棟に薬剤師を配置しました。
    → 医師・看護師等の負担を軽減することができ、薬のプロである薬剤師がすべての入院患者に対して介入することで、質の高い医療を提供することができます。
  2. 新しい散剤分包機、錠剤分包機を導入し、調剤過誤防止に対する対策を行いました。

今回は、2011年春より導入された散剤分包機、錠剤分包機について紹介します。

散剤分包機は、粉薬を1回分ずつ袋詰めする作業を自動で行ってくれます。以前の散剤分包機は、手動で行う作業が多く、調剤者の熟練度を必要としていました。今回導入された散剤分包機は、「粉薬バーコードシステム」に連動しており、機械による薬品のチェックが行えるため、調剤ミスが起こりにくいという利点があります。

また、粉薬の袋に患者名、薬品名、薬品量、飲み方が印字されるようになったため、薬剤師・看護師など医療スタッフのみならず、患者の皆様にとっても分かりやすくなりました。

さらに、粉薬を回す円盤が2つになったことで、作業効率が上がり、待ち時間の短縮につながっています。

錠剤分包機は、先ほどの機械と同様、錠剤・カプセルを1回分ずつ袋詰めする作業を自動で行ってくれます。272種類もの錠剤やカプセルを搭載できますが、入りきらない薬品は、コンベアという装置を使って、薬剤師が手作業で入れています。

散剤分包機同様、錠剤分包機も薬品名、薬品量が袋に印字されるようになっています。

この2つの機械が入ったことで、安全面やサービス面の向上に繋がるものと思います。

一覧へ戻る

  • 主な活動内容
  • 薬剤師・スタッフご紹介
  • 薬薬連携
  • ニュース・お知らせ