感染防止対策室

ホーム診療のご案内医療支援部門感染防止対策室ニュース・お知らせノロウイルス、インフルエンザウイルスの感...

ニュース・お知らせ

  • 概要・活動方針
  • スタッフのご紹介
  • ニュース・お知らせ

ノロウイルス、インフルエンザウイルスの感染対策について

2014年1月15日

ノロウイルス

流行期と主な症状

  • ・12月~3月が流行のピークとなります。
  • ・主な症状は吐き気や嘔吐・下痢で、2~3日続きます。
      ただし症状が落ち着いても、感染したヒトの便にはウイルスが
     1週間以上も存在していることがあるので、注意が必要です。

感染対策

基本的な感染対策は、ノロウイルスに感染したヒトの嘔吐物や便の中に存在するウイルスが口に入ること(経口感染)を防ぐことです。

  • ・「外出先からの帰宅時」、「食事や調理のまえ」、「トイレのあと」には
     石鹸を使った手洗いを心がけましょう。
  • ・家族に感染者がいる場合は、手拭きタオルやトイレの共有を避けることも重要です。

インフルエンザ

流行期と主な症状

  • ・12月~3月頃に流行します。
  • ・感染したあと1~3日潜伏し、急に発症する38℃以上の発熱、
     頭痛、関節痛、筋肉痛などに加えて、咽頭痛、鼻汁、咳などの
     症状も見られます。

感染対策

ワクチン接種による予防とともに、感染したヒトの「咳・くしゃみ」によって飛び散るウイルスが目や鼻・口などに入る(飛沫感染)ことを防ぐ事が重要です。

  • ・外出先(特にヒトが密集する場所)から帰宅した時は、
     手洗い(またはアルコール消毒)を心がけましょう。
  • ・外出する時(時にヒトが密集する場所などに出かける
     時)に、マスクを着ける事も予防になります。

面会される方へのお願い

入院患者さんを感染症から守るために、以下の点に御協力ください。

  • ・特に下痢や嘔吐、咳や発熱の症状がある場合、
     急を要さないご面会はお控えください。
  • ・病室に入る前は、備えつけの消毒剤を使って
     「手の消毒」をお願いします。
  • ・咳が出るときは、マスクの着用をお願いします。

一覧へ戻る

  • 概要・活動方針
  • スタッフのご紹介
  • ニュース・お知らせ
交通案内

JA広島総合病院

〒738-8503
広島県廿日市市地御前1-3-3

TEL (0829)36-3111

FAX (0829)36-5573

アクセスマップ

電車の場合
JR 山陽本線
「宮内串戸駅」を下車。徒歩10分
広電 宮島線
「JA広島病院前」下車。徒歩0分
バスの場合
広電バス
広島総合病院バス停から徒歩0分
廿日市市循環バス
JA広島病院前から徒歩0分
お車の場合
山陽自動車道
「廿日市I.C.」下車