臨床研究検査科

ホーム診療のご案内医療支援部門臨床研究検査科検査室のご紹介生理機能検査室

生理機能検査室

  • 概要・方針
  • 検査室のご紹介
  • 医師・スタッフご紹介
  • ニュース・お知らせ

生理機能検査室

生理機能検査室では患者さんからの生体情報を収集・解析し、医師の診断の一助となることを目的に運営されています。以下に具体的に記します。

循環機能検査

心電図

心臓の微弱な電気的活動を電極により導出・増幅し記録したものです。狭心症や心筋梗塞、不整脈の解析に有用です。

循呼吸機能検査

肺活量

呼吸の状態を調べます。喘息のお薬の効果判定などにも実施されます。

神経・筋機能検査

脳波

脳の超微弱な電気的活動を頭皮上の電極により導出・増幅し記録したものです。てんかんや意識障害の診断に有用です。また、手術時のモニタリングにも実施されます。

筋電図

筋肉や神経に起こる電気的活動を記録したものです。筋肉の萎縮、力がはいらなくなったり、感覚低下や異常感覚などの症状がみられたときに病状の部位診断と性質診断に有用です。手術時のモニタリングにも有用です。

感覚機能検査

重心動揺

『めまい』などの平衡障害を客観的に評価するために行われます。

電流知覚閾値検査

糖尿病等の知覚障害の程度を判定するのに大変有用です。観的に評価するために行われます。

画像診断検査

エコー

人間には聞こえない音(超音波)を用いて体の断層像を得る検査です。様々な臓器の質的診断が可能です。放射線ではなく音を使いますので被爆の心配がありません。

サーモグラフィー

体から放射される赤外線(体温)を特殊なカメラでとらえ画像化します。腫瘍や炎症、血管や皮膚の病気の診断などに利用されます。

これらの検査により得られた患者さんの検査データはすべて電子化し、院内コンピュータにて管理されています。病院内では端末コンピュータがあればどこででも検査データを確認することができます。検査データの閲覧は閲覧者のIDとパスワードが必要で、プライバシーの保護にも配慮しております。

主な検査機器

心電計

心臓は動いている間、常に微弱な電流を発しています。
これを目で見える心電図に変換するのが心電計です。
各種不整脈、機能障害、刺激伝道障害を診断するときに必要です。

負荷心電計

運動することで心臓に負荷をかけ、心電図変化の有無を調べるための機械です。
歩いたり走ったりすると胸が痛くなる『労作性狭心症』と呼ばれる病気を診断するときに必要な検査です。

ホルター心電計

病院で行う心電図検査はわずかな時間の心臓の動きしか見ていませんが、この機械を用いることで最大24時間の心電図変化を捉えることができます。
運動制限や食事制限はありませんが、入浴はできませんのでご了承ください。

総合呼吸機能自動解析システム

肺の機能障害の程度を検査することができる機械です。喘息、気管支炎、肺気腫などの診断・薬効判定等に用いられます。

脳波計

てんかんや脳炎の診断、薬効判定、脳死判定等に用いられます。
痛みなどはありませんが、検出する電流が非常に微弱なため、頭皮が汚れていると正確な検査が困難になります。検査の前日はよく洗髪しておいてください。

筋電計

神経に沿って皮膚の上から電気刺激をして、刺激の伝わる早さを調べます。障害がある場合には刺激の伝わる速度が遅くなったり、筋電図の変化となって現れます。
電気刺激が神経を流れますので、ある程度の痛みを伴います。

重心動揺計

左の写真にある機器の上に立っていただき、体のふらつきを数値データとして出力します。
ふらつきのパターンで耳鼻科的な疾患か、小脳などの神経系の疾患かを判別します。

ニューロメーター

体表面より微弱な電流をながしてその刺激を感じる閾値を調べる検査です。
糖尿病などでは早期より知覚障害がみられ、また病状の進度とよく比例するため欠かせない検査となっております。

  • 概要・方針
  • 検査室のご紹介
  • 医師・スタッフご紹介
  • ニュース・お知らせ