臨床工学科

診療内容

診療内容

臨床工学技士の業務

臨床工学技士は医師や看護師とチームを組んで下記のような業務の中で『生命維持管理装置の操作や各種医療機器の保守・点検』を行います。
生命維持管理装置に携わる臨床工学技士は、手術室、人工透析室、集中治療室、高気圧酸素治療室など、医療施設の様々な分野で活躍しています。

  • 人工心肺業務:人工心肺装置、自己血回収装置
  • 集中治療室業務:血液浄化療法(CHDF、血漿交換、血液吸着 等)
    補助循環装置(PCPS)、IABP
    人工呼吸器などの酸素療法に関連する機器管理、操作
  • 循環器業務:心臓カテーテル検査、不整脈治療業務(ペースメーカ、アブレーション)
  • 血液浄化療法業務:HD、HDF、LCAP、GCAP 等
  • 手術室業務:手術室ME機器管理、整形外科業務、血管内治療業務(EVT)
  • 消化器内視鏡業務:内視鏡機器の管理・検査・治療の介助
  • ME機器管理業務:各種ME機器の保守管理・点検
  • 高気圧酸素療法業務

人工心肺業務

手術室には、大きな機器や小さな機器が数多くおいてあります。手術が安全に行われるために、そのような広範な医療機器の操作や事前の管理が重要になります。特に心臓手術の際、心臓や肺に代わる働きをする体外循環装置(人工心肺)など多いときには数十台もの機器が同時に使われます。その際の機器の操作や点検などの仕事を臨床工学技士が受け持ちます。

z1_p1.jpgz1_p2.jpg

集中治療室業務

集中治療室とは手術後の患者さんや、呼吸・循環・代謝などの機能が急に悪くなり、命に関わる患者さんを集中的に治療するところです。ここでは、血液浄化療法装置や人工呼吸器、心臓が正しく動くのを助けるペースメーカやPCPS・IABPなどの多種多様な生命維持管理装置の操作や点検を行います。PCPS・IABP・CHDF・人工呼吸器・・・と一人の患者さんに多種の生命維持管理装置が装着されることもあります。

z2_p1.jpgz2_p2.jpg

循環器業務

心臓カテーテル検査室にてCAGやPTCA(IVUS、ロータブレーター)、FFR、不整脈、EPSなどの各種検査・治療に参加し、ポリグラフによって圧波形や心電図の記録を行っています。また、循環不全を伴う場合、補助循環装置(IABP・PCPS)の操作も行っています。

不整脈治療業務としては、ペースメーカ植え込みからフォローアップ・データ管理までペースメーカ患者管理を総合的に行っています。また、アブレーションにおいてはラボシステムによる心内電位の解析や3Dマッピング装置の操作を行っています。

z3_p1.jpgz3_p2.jpgz3_p3.jpg

血液浄化療法業務

体内に貯まった老廃物などを排泄あるいは代謝する機能が働かなくなった場合に行う血液透析療法 (HD)、血液濾過療法(HDF)、血漿交換療法(PE・DFPP)、血液吸着療法(LCAP・GCAP)、血漿吸着療法(LDL吸着・クライオフィルトレーション)などの血液浄化療法に関わり、機器の操作や点検を行っています。

z4_p1.jpg

手術室業務

整形外科領域における、人工材料(人工骨頭・人工膝関節など)植え込みの立ち合いを行っています。また、麻酔器・電気メスなど手術室で用いられる多種多様な医療機器の保守・管理も行っています。血管内治療(EVT)では動脈の狭窄などによる閉塞性の疾患に対して行うカテーテル治療の介助を行っています。

消化器内視鏡業務

内視鏡業務では、胃カメラ、大腸カメラなどの検査や消化管にできた早期癌の切除、胆管結石除去などの治療を安全に行えるよう内視鏡機器の保守・点検を行うとともに検査・治療の介助にも関わっています。また、感染を防ぐため内視鏡カメラの洗浄・消毒管理も行っております。

医療機器管理業務

医療機器の操作や、安全で性能が維持できるように保守・点検を行い、また集中管理をすることにより効率的で適切な運用ができるようにしています。シリンジポンプや輸液ポンプの保守管理だけでなく、自動血圧計・パルスオキシメータなどの医療機器の修理点検も行っています。

高気圧酸素業務

高い気圧の下で酸素を吸入させることで、血液中の酸素を増やすのが高気圧酸素療法で、様々な疾患の治療に用いられます。その高気圧酸素装置の操作・運転を行っています。

z5_p1.jpg