臨床工学科

ニュース・お知らせ

消化器内視鏡業務開始

2013年10月15日

内視鏡検査や治療には身体の中を見るためのビデオカメラとそれを映し出すモニタ、治療には高周波を使用する電気メスなどがあります。我々臨床工学技士は内視鏡で使用するこれら器械の始業前点検やメンテナンス、さらに内視鏡治療の介助を行っています。

内視鏡システム装置

高周波装置

この装置は内視鏡治療に使用します。

治療内容
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

食道・胃・大腸などの癌に対して癌を切除するときに使用します。

EST(内視鏡的乳頭筋切開術)

膵胆道系疾患の治療時に使用します。

内視鏡治療はこれからますます発展していく分野です。我々は臨床工学技士として新しい器機に対応できるようにしていき、患者さんに安全な検査、治療が提供できるようにこれからも努めていきたいと思います。

一覧へ戻る