小児科

ホーム診療のご案内診療科一般外来小児科ニュース・お知らせ食物アレルギーの問題点とトピックス

ニュース・お知らせ

  • 概要・診療方針
  • 医師・スタッフご紹介
  • 診療実績
  • ニュース・お知らせ

食物アレルギーの問題点とトピックス

2013年5月 1日

小児食物アレルギーの領域で近年注目されている問題点とトピックスについて、以下に話題提供いたします。

  1. 食物アレルギーは成長期にある乳幼児に多くの患者さんが存在する病気であり、不必要に厳格な除去を行うと、栄養不良をきたす可能性のある病気です。
    --治療の原則は必要最小限の確実な食物制限であり、的確な診断と栄養指導が必要です--
  2. いったん食物アレルギーと診断された後、診断された食品はいつまでも飲食できないものと誤解し、実際には、年齢とともに飲食できるようになっているのに、年長となっても飲食しておられないお子さんがいらっしゃる点が問題です。
    --学校や保育園での給食提供に問題となっており、除去解除のための的確な再評価が必要です。--
  3. 昨年12月に東京調布市の牛乳アレルギーのある小学生が、給食で誤ってチーズ入り食品を食べたため、食物アレルギーの症状であるアナフィラキシーショックをおこし死亡されていますが、食物アレルギーは、このような、重症の状態を引き起こす可能性も秘めた病気です。
    --アナフィラキシー(食物アレルギーの症状である皮膚症状、呼吸器症状、消化器症状、粘膜症状が複数同時におこること)を起こす可能性のある患者さんは、アナフィラキシーに血圧低下を合併するアナフィラキシーショックに備えて、病院外で症状が起こった場合の対応について指導を受けておくことが必要です--
  4. 以上の問題点を、クリアするには、専門小児科医の的確な診断と、治療、食事指導が必要です。

  5. 近年、食物アレルギーのお子さんに、原因食物を少量から徐々に増量しつつ食べていただき治療する「経口免疫療法」がメディアで報道されています。この治療は、確かに画期的なものであり、当科でも検討していますが、その有効性やリスクについての検証が不十分で、研究的な段階の治療です。これからの研究の進展が待たれます。

JA広島総合病院小児科では、以上の問題点、トピックスに対応した診断治療を行っていますので、皆様のご相談をお待ちしています。

一覧へ戻る

  • 概要・診療方針
  • 医師・スタッフご紹介
  • 診療実績
  • ニュース・お知らせ
交通案内

JA広島総合病院

〒738-8503
広島県廿日市市地御前1-3-3

TEL (0829)36-3111

FAX (0829)36-5573

アクセスマップ

電車の場合
JR 山陽本線
「宮内串戸駅」を下車。徒歩10分
広電 宮島線
「JA広島病院前」下車。徒歩0分
バスの場合
広電バス
広島総合病院バス停から徒歩0分
廿日市市循環バス
JA広島病院前から徒歩0分
お車の場合
山陽自動車道
「廿日市I.C.」下車