緩和ケア科

診療実績

緩和ケアチーム活動状況

緩和ケアチーム活動報告

JA広島総合病院がん治療支援・緩和ケアチーム
小松弘尚

2014年度活動内容について以下に記す。

【メンバー】

小松弘尚 リーダー 緩和ケア科・消化器内科医師
松本千香子 麻酔科医師
香山茂平 外科医師
桐生浩司 放射線治療科医師
河野秀和 呼吸器内科
高石佳幸 精神科・心療内科医師
鶴谷理恵 病棟看護科長
高原さおり(専従) 緩和ケア認定看護師
岡田恵美子 古本直子 緩和ケア認定看護師
野村昌代 がん化学療法看護認定看護師
礒貝明彦 緩和薬物療法認定薬剤師
小林恭子 理学療法士
南佳織 臨床心理士
要田裕子 管理栄養士
益村勇子 看護師・がん相談員
正畠忠貴 社会福祉士・がん相談員

【特徴】

  • 緩和ケア科として緩和ケアの必要な患者に対応する緩和病床を5床有す
  • 県から依託された地域在宅緩和ケア推進事業の取り組みを行った。
  • 両方向で利用できる緩和ケア地域連携パスを作成し、患者の緩和ケア提供体制を整えた。
  • 終末期医療におけるリビングウィル文書の運用を行っている
  • 緩和ケア外来を2回/週実施
  • 患者の意思決定支援のためのACPについて実践、啓発

【活動内容】

  • ・平日毎日 病棟を専従看護師がラウンド
  • ・平日毎日 主科医師と共に緩和ケア科併診の患者に緩和医師と専従看護師がラウンド
  • ・月~水の中で1回/週 担当医師とチーム介入中の患者に対してラウンド
  • ・「生活のしやすさに関する質問票」の運用

【活動成果】

・総依頼件数(2014年度):172件/年。うち、がんが168件 非がんが4件

緩和ケアチーム巣依頼件数 172
緩和ケアチーム依頼内容 疼痛 110
疼痛以外の身体症状 90
精神症状 87
家族ケア 89
倫理的問題(鎮静など) 9
地域との連携・退院支援 37
その他 47
緩和外来 述べ患者数 135
緩和病床利用述べ患者数 61
緩和病床平均在科日数 16.1
緩和ケアパスの利用件数 11
リビングウィル文書作成数 57
生活の質に関する質問票 92

→2015年度は運用を見直し、外来でがん看護チームを立ち上げ、強化した結果、7月15日で1191件と増加中

【研修会等の活動】

  • 1)医療者向け教育研修会
    • ・地域がんを診療する医師に対する研修会開催 5月
    • ・「緩和ケアと尊厳死」地域医療従事者研修会 10月21日 小松弘尚
    • ・「エンゼルメイク」地域医療従事者研修会 11月18日 高原さおり
    • ・「家族ケア」地域医療従事者研修会 12月16日 岡田恵美子
    • ・がん診療関係者研修会「疼痛緩和勉強会」 1月29日 3月9日 小松弘尚
    • ・「緩和ケア事例検討会」地域医療従事者研修会 1月20日正畠忠貴
    • ・第7回 西部地区がん診療オープンカンファレンス 2月6日
        一般演題「緩和ケアと死の選択権」小松弘尚
        特別講演「診断されたときからの緩和ケア」~最善を尽くして最悪に備える併走者~
        和歌山医科大学 緩和ケア部 月山淑
    • ・「精神援助について」地域医療従事者研修会 2月17日 古本直子
  • 2)地域住民向けの講演会
    • ・第10回市民公開講座「がんとともに、自分らしく」「マスメディアからみた最後の迎え方」1月25日
      平井敦子・小松弘尚

【加算の現状】

  • ・緩和ケアチーム加算、緩和ケア外来加算 なし
  • ・がん患者指導管理加算 12 あり

平成27年8月24日