整形外科

ホーム診療のご案内診療科一般外来整形外科ニュース・お知らせ経皮的後弯矯正術(バルーン カイフォプラ...

ニュース・お知らせ

  • 概要・診療方針
  • 医師・スタッフご紹介
  • 診療実績
  • ニュース・お知らせ

経皮的後弯矯正術(バルーン カイフォプラスティ)が保険適応になり当院にて施行できるようになりました。

2011年2月17日

経皮的後弯矯正術:Balloon Kyphoplastyについて

経皮的後弯矯正術とは、高齢者で骨粗鬆症にもとづく背骨の骨折による痛みが改善しない患者さんに対して、骨セメントを注入することによって、骨折部を安定化させ骨癒合を得る手術方法です。背骨の骨折部で風船(Balloon)をふくらませ、つぶれた骨をできる限り復元した後、風船によって作られた空洞に骨セメントを詰めます。きわめて低浸襲で、かつ速やかに痛みが取れるため、欧米では広く行われている手術方法です。経皮的後弯矯正術は1990年代にアメリカで開発され、2011年1月から保険診療として特定の施設で行うことが認められた術式です。入院は5日程度で、手術の翌日から自由に歩けます。

news_1101_ph01.gif
news_1101_ph02.gif
news_1101_ph03.gif
news_1101_ph04.gif
背中から小さな風船付きの器具を挿入します。 椎体の中の風船を膨らませ、つぶれた骨を骨折前の形に戻します。 風船を抜くと、椎体内に空間ができます。空間を満たすようにセメントを充填します。 手術は1時間程度で終わり、骨セメントは手術中に固まります。

手術は手術室で全身麻酔下に行います。レントゲン透視装置で確認しながら、背中から管を「せぼね」内に進めます。そこに風船を挿入し(①)ふくらませることで、つぶれた骨を出来る限り復元します(②)。作られた空洞に専用の骨セメントを詰めます(③④)。手術の時間は通常1時間程度です。

一覧へ戻る

  • 概要・診療方針
  • 医師・スタッフご紹介
  • 診療実績
  • ニュース・お知らせ
交通案内

JA広島総合病院

〒738-8503
広島県廿日市市地御前1-3-3

TEL (0829)36-3111

FAX (0829)36-5573

アクセスマップ

電車の場合
JR 山陽本線
「宮内串戸駅」を下車。徒歩10分
広電 宮島線
「JA広島病院前」下車。徒歩0分
バスの場合
広電バス
広島総合病院バス停から徒歩0分
廿日市市循環バス
JA広島病院前から徒歩0分
お車の場合
山陽自動車道
「廿日市I.C.」下車