腎臓内科

ホーム診療のご案内診療科一般外来腎臓内科概要・診療方針

概要・診療方針

  • 概要・診療方針
  • 医師・スタッフご紹介
  • 診療実績
  • ニュース・お知らせ

概要診療方針

現在、日本には約30万人の透析患者さんがおり、これは国民450人に1人に相当します。近年の高齢化社会を反映しての糖尿病腎症と高血圧性腎硬化症の増加に伴い、現在も年1万人弱程度の割合で透析患者数は増加しており、今後もさらに増加することが予想されています。
また、慢性的に腎機能が低下している透析予備軍を慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)と呼び、現在、日本には約1,300万人の慢性腎臓病患者がいると推定されています。これは、成人の約8人に1人にあたる数ですが、こちらも透析患者と同様に急激に増加傾向にあります。慢性腎臓病は、これだけ頻度の高い国民病であるにもかかわらず、患者さんの大部分は何の症状もないまま、徐々に腎機能が低下していき、末期腎不全へと進行していきます。また、慢性腎臓病は透析予備軍であるだけでなく、心・血管疾患の発症と生命予後に強く影響を与えていることが多くの研究で明らかにされており、近年慢性腎臓病の早期診断及び早期治療の重要性が叫ばれています。
当科では、原発性糸球体・尿細管間質性疾患、高血圧、糖尿病、膠原病、血液疾患などに伴う全身性腎疾患、急性腎障害、高血圧、電解質異常など、あらゆる腎臓病に対し幅広く診療に当たっています。腎炎に対しては腎生検を中心とした診断とその診断結果の基づいた集学的な治療を、また腎不全に対しては食事・薬物療法などによる保存的加療および透析療法を実施しています。

診療内容

腎臓内科として腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、高血圧による腎障害などすべての慢性腎臓病(CKD)の治療を行っています。進行した慢性腎臓病の方には血液浄化療法として血液透析および腹膜透析(CAPD)を行っています。
膠原病内科として全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎などの膠原病や関節リウマチ、シェーグレン症候群、血管炎の診断と治療を行っています。

当科の特色

慢性腎臓病(CKD)に対する食事療法

当科では管理栄養士と共同して低蛋白、減塩の食事療法を行い慢性腎臓病の進行を遅らせるように努力しています。紹介頂いた先生には当院の医療情報ネットワークを利用して先生のパソコン上で患者さんの検査データや管理栄養士が作成する食事指導経過表を閲覧して頂けます。

腎代替療法導入

末期腎不全患者が、腎代替療法を導入するということは、患者さん・ご家族のその後の人生においては極めて大きなイベントです。腎代替療法には、大きく分けて腎臓移植と血液浄化療法があり、さらに血液浄化療法では、血液透析と腹膜透析の2種類に大別できます。

腹腔鏡を用いた腹膜透析カテーテル留置法の施行写真

▲写真1

腹膜透析療法(CAPD)は自己管理(もしくはご家族による管理)が可能な方が在宅で行なう治療です。当科では平成4年より腹膜透析療法を開始しておりその普及に努めています。従来は「過去に腹部の外科的手術の既往がある」場合は、腹腔内の癒着を理由として腹膜透析療法の適応ではないとされていましたが、近年腹腔鏡を用いた腹膜透析カテーテル留置法が確立され様相がかわりました。当科では平成17年以降、10例の腹腔鏡下腹膜透析カテーテル留置術を施行しています(写真1)。

みつば会記念写真

▲写真2

また血液透析と腹膜透析の患者さんおよび病院スタッフとの親睦の会として平成5年よりみつば会(患者会)を結成し年に2回の小旅行を行っています(写真2)。
  • 概要・診療方針
  • 医師・スタッフご紹介
  • 診療実績
  • ニュース・お知らせ
交通案内

JA広島総合病院

〒738-8503
広島県廿日市市地御前1-3-3

TEL (0829)36-3111

FAX (0829)36-5573

アクセスマップ

電車の場合
JR 山陽本線
「宮内串戸駅」を下車。徒歩10分
広電 宮島線
「JA広島病院前」下車。徒歩0分
バスの場合
広電バス
広島総合病院バス停から徒歩0分
廿日市市循環バス
JA広島病院前から徒歩0分
お車の場合
山陽自動車道
「廿日市I.C.」下車