消化器内科

診療機器ご紹介

主な診療機器のご紹介

消化管内視鏡装置

いわゆる胃カメラと大腸カメラなどを言います。これら内視鏡を使って消化管疾患の診断を行います。当院の機器は最新式に一新されており特殊光撮影などで高度の診断能を発揮します。さらに内視鏡を使った治療(内視鏡手術)が連日行われています。

腹部超音波診断装置

いわゆる腹部エコーです。この機器を使って体への侵襲なく各種疾患の診断に役立てます。造影超音波検査で肝腫瘍の詳しい診断が可能となります。さらにこの機器を使って胆嚢炎治療や肝癌のラジオ波焼灼療法を施行します。

デジタルX線透視装置

このレントゲン装置でモニターしながらさまざまな内視鏡診断治療(ERCP、EST、stentingなど)や超音波下処置(PTCDなど)が行われます。

内視鏡画像ファイリングシステム

今まで当院で施行されたすべての内視鏡画像などが蓄積されています。これに日々の検査画像が追加されていきます。この装置を使うことで、例えば以前の胃粘膜状態と現在の状態を瞬時に比べることができます。

Vio(高周波手術焼灼装置)

早期胃癌などを内視鏡で切除する手術(ESD)をするためには必須の装置です。