心臓血管外科

ホーム診療のご案内診療科一般外来心臓血管外科ニュース・お知らせ腹部大動脈瘤を破裂させない

ニュース・お知らせ

  • 概要・診療方針
  • 医師・スタッフご紹介
  • 診療実績
  • ニュース・お知らせ

腹部大動脈瘤を破裂させない

2010年4月 1日

▲図1

腹部大動脈瘤は無症状のため、検診などで偶発指摘されることが多いです。
破裂すると救命できるのは僅かに10~15%でしかないため、未破裂での診断・治療が重要です。
大動脈瘤が3~5cmでは大動脈瘤の拡張を抑えるように内服治療をしますが、基本的には内服治療では治りません。5cm以上など破裂リスクが増加すると手術治療を考慮します。

手術治療には人工血管置換術(図1)と、ステントグラフト内挿術があります。入院期間は約2週間で、術後10~20日目(リハビリに応じて)に退院となります。当院では、80歳以上の高齢者でも、まだまだ元気に生活を希望される方にできる限り支持できるよう治療をしています。

一覧へ戻る

  • 概要・診療方針
  • 医師・スタッフご紹介
  • 診療実績
  • ニュース・お知らせ
交通案内

JA広島総合病院

〒738-8503
広島県廿日市市地御前1-3-3

TEL (0829)36-3111

FAX (0829)36-5573

アクセスマップ

電車の場合
JR 山陽本線
「宮内串戸駅」を下車。徒歩10分
広電 宮島線
「JA広島病院前」下車。徒歩0分
バスの場合
広電バス
広島総合病院バス停から徒歩0分
廿日市市循環バス
JA広島病院前から徒歩0分
お車の場合
山陽自動車道
「廿日市I.C.」下車