脊椎・脊髄センター

ホーム診療のご案内センター脊椎・脊髄センター手術・施設紹介

手術・施設紹介

  • 概要・診療方針
  • 医師・スタッフご紹介
  • 手術・施設紹介
  • 診療実績 学術業績
  • 医師募集
  • ニュース・お知らせ

当センターでは積極的に低侵襲手術を行っております。

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症等の腰椎変性疾患や頚髄症、頚椎椎間板ヘルニア等の頚椎変性疾患に対して、手術用顕微鏡を使用しての手術を行っております。また骨粗鬆性脊椎椎体骨折に対しても早期除痛を目的として経皮的後弯矯正術(BKP)を行っております。

顕微鏡下手術

脊髄や馬尾などに対する除圧術では、全例で手術用顕微鏡を用いた身体への負担が少ない手術を行っています。手術用顕微鏡では明るく拡大された視野を三次元的に得ることで、侵襲が少ない安全な手術を行うことができます。また助手も術者と同じ視野で手術を行うことが可能であるため、若手医師の技術向上にも有益です。

手術用顕微鏡を用いた手術

  • ・頚椎椎弓形成術
  • ・頚椎椎間孔拡大術(keyhole foraminotomy)
  • ・脊髄腫瘍摘出術
  • ・腰椎椎弓切除術

経皮的後弯矯正術

また経皮的後弯矯正術が保険適応となりました。当院は医師のトレーニング施設として日本有数の手術施設です。高齢者で骨粗鬆症にもとづく背骨の骨折による痛みが改善しない患者さんに対して、背骨の骨折部を出来る限り復元して骨セメントを注入する極めて低侵襲な手術方法です。

経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術

経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(PED:Percutaneous Endoscopic Discectomy)とは椎間板ヘルニアへの超最小侵襲脊椎手術(MIS手術)であり、外径6-8mmの内視鏡下に小鉗子・ドリルなどを用いて経皮的に椎間板ヘルニアを摘出する最新の低侵襲手術です。

脊髄機能モニタリング

脊髄高位(頚椎、胸椎)の手術では全例で専門スタッフによる術中脊髄モニタリングを行い、脊髄機能を電気生理学的にモニターすることで安全性をより高めています。

  • 概要・診療方針
  • 医師・スタッフご紹介
  • 手術・施設紹介
  • 診療実績 学術業績
  • 医師募集
  • ニュース・お知らせ